株式会社 松風

若手座談会

出席者

●生産部(生産技術)

私は生産部生産技術室で、新製品の生産移行や検証、生産工程および良品率の改善、コストダウンなどに取り組んでいます。

●営業部(歯科技工士)

営業部IDT事業室で、CAD/CAM関連材料の開発の検証、ユーザー様の問い合わせ対応、そして営業活動やサポート資料・動画の作成などを行っています。

●営業部(セールス)

営業部大阪営業所で、自社製品の提案や、より多く販売していただけるようなディーラーセールス活動をしています。

●研究開発部(材料開発)

研究開発部で製品の卵となるアイデアを作って孵化(製品化)させるのが仕事です。
  • では、まずやりがいと難しさからいきましょう。
    当社はメーカーですので、ものづくりの精度が重要になりますよね。研究開発部が作製した設計を生産現場に移行するとき、自分のスキルやアイデア、検証の精度が品質の安定や直接原価にも影響する点、生産ラインの効率化が作業者の身体的負担の低減にまで繋がる点がやりがいですね。
    歯科材料の総合メーカーということもあり、多種多様な材料の知識と生産設備やシステムまで幅広く知っておかないといけません。そこはやっぱり難しいですね。

    生産部
    (生産技術)

  • 営業部
    (歯科技工士)

    私は歯科技工士免許を持っているのですが、臨床で歯科技工士として働いていたら、発売前の材料や製品に触れることなど無いので素直に感動しています。
    歯科業界はデジタル化への過渡期で日々進化していますよね。ところが日本の歯科技工士さんのレベルはすごく高くて、それが皮肉にもデジタル化を妨げる一因にもなっているんです。そんな状況を巻き返して進化を追いかけていくのは、とても難しくて大変ですが、おもしろくもあって、やりがいだと言えます。

  • ディーラーセールスでは、結果が数字としてハッキリ出るので、工夫の余地が多くやりがいを感じますね。自分1人で製品を売るには限界がありますが、ディーラー様の先には、たくさんの販売先があるので、そこに働きかけて多くの売上を上げることはおもしろいです。
    難しさは、ディーラー様に質の高い営業をかけてもらえるよう日々の営業活動から厚い信頼を獲得することですね。

    営業部
    (セールス)

  • 研究開発部
    (材料開発)

    新製品のレシピを設計できることが研究開発部の醍醐味ですね。トレンドに合ったイメージを具現化するためには、基礎知識・情報収集力・プランニング力・他部署との連携・ひらめきetc…様々な能力が必要ですので、簡単ではありません。難しいことだらけです。それだけに手塩にかけた新製品のレシピが完成したときはエベレスト級の達成感です(笑)。これに勝るやりがいはありません。
    さて次は、どうして皆さん松風に入ったのでしょうか。

  • 私自身が携わった物が多くの人に利用され「社会貢献している」と感じる仕事がモチベーションに繋がると思ったんですよね。その中で歯科材料は誰もが必要とする製品であり、松風の「創造的な企業活動を通じて世界の歯科医療に貢献する」という経営理念は私の考えにピッタリだと感じたのが1番の理由です。

    生産部
    (生産技術)

  • 営業部
    (歯科技工士)

    きれいにまとめましたね(笑)。

  • 付け加えるなら、なかなか、研究開発、工場、営業など全てが1つに揃っている会社ってあんまりなく、そういう所で働けるのは面白いかなと思ったのもあります。

    生産部
    (生産技術)

  • 営業部
    (歯科技工士)

    なるほど確かに松風には全部ありますね。
    歯科技工士学校を卒業した人は、だいたい歯科技工所に就職するんですよね。実は私の実家が歯科技工所なんですが、その歯科技工所って、ずっと作業していてハードなんですよ。そういう親の姿を見てきたので、材料や機械、システムを作ることで、歯科技工士さんの仕事が少しでも楽になればいいかなって考えて松風に入社することを決めました。

  • おお、いい話。私はそんないい話はなくて長く働ける職場かどうかを軸に就職活動をしていました。歯科は今後も確実に需要のある分野ですし、松風は上場もしているので、利益率や離職率を見て、定年まで働ける会社だと思って入社を決めました。

    営業部
    (セールス)

  • 研究開発部
    (材料開発)

    割と計算高いんだ(笑)。

  • そうかもしれないですね。それと若くてもバリバリ働いている先輩の話を聞いて、よし俺も!って思ったことも理由です。

    営業部
    (セールス)

  • 研究開発部
    (材料開発)

    私は薬学部出身で、薬剤師なんですよ。実務実習のとき製薬会社の説明会等で、口腔内の環境が全身の疾患に関連しているという報告が多くて、口腔内の予防に携わりたいと思いました。歯科材料メーカーに絞って、歯学部の友人や歯医者さんに話を聞くと、松風の信頼感が圧倒的に高くて。そこで薬剤師ではなくて松風へ来ました。少し異端児です。自分で言っておきます(笑)

  • ところで松風ってどんな会社だと思います?後輩に聞かれたらどう答えます?

    営業部
    (セールス)

  • 生産部
    (生産技術)

    社員同士の関係は良好で、風通しの良い会社だと言いますね。生産工程は材料、設備、金型、システムなど複数の分野が適正に構築されていなければなりません。その点、生産技術室は、幅広い分野の社員が意見を出し合い、積極的に協力する体制が整っています。様々な生産工程に関わってみたい、多角的な視点を持って仕事をしてみたい。そう感じる人には強くお薦めできます。

  • 猛プッシュだ(笑)。
    歴史があり、働きがいのある会社だと思います。また、顧客を大切にしているので、信頼関係が築けている会社でもありますね。もっと私に近いところで言えば「女性だから…」と余計なことを考えなくても大丈夫!そんな会社じゃないでしょうか。

    営業部
    (歯科技工士)

  • 営業部
    (セールス)

    営業でディーラー様を訪問すると「松風だから安心して販売、購入できる」と言っていただけることが多いです。先輩方がこれまで築き上げてきた信頼こそが大きな武器になっている会社だって言いますね。

  • 新商品の開発は、とにかく慎重かつ丁寧です。社風はアットホームで和気あいあいとした雰囲気ですね。研究開発部は優しくてタフ(根気強い)な人が多いです。そんな環境でぜひ一緒に働きましょう。

    研究開発部
    (材料開発)

  • 結論出ましたね(笑)。

座談会終了後、雑談で後輩が入ってくるということは、迎える側にとって大きな成長のきっかけとなる、との話になりました。後輩をどう指導していくのか、自分はその指導する人間としてふさわしいのか、そもそも指導できるほど仕事がわかっているのか…そういう先輩達がいる環境に飛び込んでもらえることを願います。