株式会社 松風

技術力を知る。

品質管理・生産

松風の製品は口の中に関するものであるため、その品質管理と生産は「絶対の信用」がおけるものでなければなりません。松風は1997年に、日本の歯科業界でいち早く、EU(欧州連合)の品質基準である医療機器指令(MDD:93/42/EEC)の要求をクリアして「CEマーキング」認証を取得。品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」、さらに医療機器の特別要求を盛り込んだ「ISO13485」の高い基準にも適合した品質保証体制で生産を行っています。
歯科材料は、患者さま一人ひとりに応じて使用されるものであるため多品種生産が前提です。高度な品質を維持しつつ多品種の製品を柔軟に生産するためには、最新の設備機器を導入するのはもちろんのこと、オペレーションに携わる社員のスキルアップ、そして品質とコストが両立し、作業の効率化も図れるような生産ラインの構築がポイントとなります。松風では生産に関わる部署が最適化を目指してラインを作り上げ、日々工程改善に取り組んでいます。
また同時に高品質な製品の安定供給を使命と捉え、品質保証体制及び市販後の安全管理体制の継続的な改善にも取り組んでいます。国内薬機法、FDA510(K)、世界各国の規格・要求に対応し、世界中に安心・安全な歯科材料・機器をSHOFUブランドとして提供しています。